花粉症の男性

花粉症は春だけになる病ではなく秋にもなる病です。秋の花粉症にはキク科の植物が原因でくしゃみ・鼻水・目の痒みなどの症状がでるようです。秋になっていつもと違う体調の変化を感じたら耳鼻科を受診してみてください。

花粉症関わりが深い筋肉の仕組みとたまごの白身の恩恵

花粉症は強烈な頭痛や倦怠感、頭が重く感じられるといった様子も特徴的で、決して目の痒みや鼻づまりだけではないことがわかります。
ただし、花粉症が起因となって引き起こされてしまう頭痛というのは、人により異なるというのが実情です。
風邪のひき始めに感じられることがある一方で、偏頭痛に似ている痛みもあります。
こうした症状の原因は、鼻粘膜に炎症が生じていることが関係していると言われています。
花粉により鼻粘膜がアレルギー反応を示して腫れ上がってしまい、鼻から得られる酸素の量が通常時よりも減少してしまうのです。
結果的に脳に対してしっかりと酸素が行き届かなくなることにより酸欠状態に陥ってしまうため、慢性的な頭痛や頭が重苦しいという様子になるのです。
このような仕組みから呼吸の際に苦しさを感じることになり、しっかりと眠ることができず睡眠不足によって頭痛が引き起こされることもあります。
また、鼻づまりやくしゃみといった花粉症ならではの不快症状が続いてしまうことにより、筋肉が緊張状態に陥り肩凝りや首の凝りが生じます。
広く認知されているように、肩や首の凝りは頭の痛みを誘発させるので、結果的に負の連鎖が起こるようになるのです。
そして、副鼻腔炎が要因になっている場合もあります。
鼻の横と目の下が交わる部分に存在している空洞を副鼻腔と呼ぶのですが、比較的デリケートな部位で時折炎症が引き起こされることが判明しています。
発症した場合は、周囲が痛くなる上に離れた頭部まで痛みが広がることもあるのです。
粘膜を健康に保つことが改善させるためには高い効果を発揮すると言われているので、たまごの白身などを意識して口にしてみることが良いでしょう。