花粉症の男性

花粉症は春だけになる病ではなく秋にもなる病です。秋の花粉症にはキク科の植物が原因でくしゃみ・鼻水・目の痒みなどの症状がでるようです。秋になっていつもと違う体調の変化を感じたら耳鼻科を受診してみてください。

秋の花粉症は何科が原因かを調べてレボセチリジンで

花粉症と言えば真っ先に春をイメージする方が多いのですが、今日においては秋でも花粉症の諸症状に苦しめられてしまう方が多いです。
調査機関が講じた調査によれば、鼻や目にアレルギーの症状が見受けられた人の半数以上が春に異変を感じると答えています。
しかし、内訳をしっかりと確認すると秋でもおよそ15%の人々が花粉症の症状に悩まされていることがわかります。
実は、発症原因となるのは春に存在している植物だけではなく、1年中発症原因になり得る植物が存在しているのです。
そのため、自分の身体に悪影響を及ぼすアレルゲンを特定しておく必要があります。
秋に変調が見受けられる方は、主に3つの科の植物が関係しているので、何科の物によって花粉症の様子に悩まされてしまうのかを知っておきましょう。
まず、キク科のブタクサが挙げられます。
初秋に花粉症の症状を発症させてしまうことでよく知られている雑草です。
全国に分布しており、とても繁殖力が強い上に環境に左右されず成長し続ける性質を持っています。
河川敷や道端に見受けられることが多いのですが、意識的に探さなくても外出すればすぐに見つけられます。
ピークは9月中旬から10月中旬にかけてと言われ、早朝や午前中といった比較的早い時間に飛び散る量が多くなる傾向があります。
近年発表された報告では、南関東において以前よりもブタクサによる花粉症が増えてきているとされています。
特に、身体の免疫力が低下している時は重症化しやすいと言われているので、レボセチリジンなどの抗ヒスタミン剤で免疫力を向上させることが有効的です。
免疫力が低いまま経過してしまうと、鼻や目に変調が起こるだけではなく、頭痛などが起こることもあるのです。